これからマイホームを建てたい人は必見!注文住宅の施主に必須の基本情報をお教えします!

注文住宅で家を建てるとき、頭金だけでマイホームを持つことができるくらいの金額になっているのが理想ですが、大半の場合が住宅ローンを併用するのが一般的です。
最近は低金利が続いていましたが、固定金利の引き上げなどに伴いローンの利用もしにくい時代へと突入しようとしています。
注文住宅で家づくりを行うときには少しでも多くの頭金を作るための工夫が求められます。
また、注文住宅の家を建てるときにの費用は現金払いになるものもあるので注意が必要です。

注文住宅と建売や分譲住宅との大きな違い

家の購入は一生に一度の高い買い物となる人がほとんどで、長く快適に暮らせる家を購入して後悔しない家探しをしたいと誰もが考えます。
家の購入の検討を始めた人がまず最初に選択するのが、家のスタイルをどうするのかという点です。
家には建売や分譲住宅や注文住宅などのスタイルがあり、それぞれに特徴があります。
建売や分譲住宅は購入された土地が既にあり、家を建てるプランが決まっていて購入したい人はそのプランから選ぶことが出来ます。
注文住宅はその名の通り土地探しから始まって、一から自分や家族の注文通りに家を建てることが出来るスタイルです。
自由度の高さに大きな違いがあり、それぞれにメリットやデメリットがあります。
家の購入を検討し始めたいという人はまずは両者のスタイルの違いや、それぞれの特徴と自分や家族が家に求めるものをしっかりと整理してどちらかのスタイルを選ぶことが重要です。
家のこだわりに対して具体的な希望が決まっている人や、世界に一つだけの家を手に入れたいと考えるなら注文住宅を選ぶことをおすすめします。

自己資金なし注文住宅は建てる利点と注意点

注文住宅を建てるには多くの場合、大きな費用が必要です。
しかし自己資金がなくても住宅ローンを利用することで夢のマイホームを実現することができます。
住宅ローンの利点はまず最初に自己資金がなくても、住宅購入に必要な資金を借りることができる点です。
住宅ローンは通常、長期間にわたって返済できるため、借入金額を分散することができ、負担を軽減することができます。
注文住宅を建てる場合、自分自身の好みに合わせてカスタマイズすることができます。
このため、夢のマイホームを手に入れるために、非常に魅力的な選択肢です。
住宅ローンを利用することで資金がなくても、注文住宅を建てることができます。
もちろん注意点もあります。
まず住宅ローンは期間が長いため、返済中に金利が変動した場合、返済額が増える可能性があります。
また、ローン返済中に収入が減少した場合や、失業した場合など、返済が滞るリスクがあるため、注意が必要です。
注文住宅を建てる場合、建設会社を選ぶことが非常に重要です。
建設会社は住宅ローンを利用する場合、銀行との手続きや契約などを代行してくれることがあります。
建設会社によっては建築費用が高額になることがあるため、事前に複数の建設会社を比較検討し予算に合わせて選ぶことが大切です。

土地と同時購入で進められる注文住宅の家づくり

注文住宅を購入する場合は、住宅を建てるための土地も用意しないといけないです。
そのため土地も同時購入することが求められますから、建物を用意する場所に土地を購入しないといけません。
どんなに素敵な住宅を用意することができても土地がよくなければ意味がないので、その点は注意をしないといけないです。
土地を同時購入するためにサポートしてくれるところもありますから、そのような場所で注文をすることで、素敵な注文住宅を安心して建てることができます。
人気の高い土地は売りに出されていないケースもありますから、早めに探さないといけないです。
土地も一緒に購入をすることで、余計に費用がかさむことになりますから、現実的に買える土地を探さないといけません。
質の高い土地を購入する場合は料金も高額になりやすいので、その点も意識して注文をするのが大切になるはずです。
注文住宅はいい土地とセットで用意するのが大切なことになるので、その部分を意識して購入をするのが大切になります。

注文住宅が気になり始めたらネットで情報収集をしよう

注文住宅に興味を持って気になり始めたら、まずはネットで情報収集をするのが良いのではないでしょうか。
ネットには膨大な情報があるので、厳選して情報収集を行う必要はあるものの、注文住宅に関することが簡単に分かるのは大きなメリットです。
ハウスメーカーや工務店といった企業側が発信するものと、注文住宅を建てた施主側の意見を知ることができるのもポイントです。
また間取りの参考になる情報も手に入りますし、レイアウトができるシミュレーションソフトも入手可能です。
注文住宅の相談先や信頼できるハウスメーカー、工務店に関することも調べられるので、改めてネットは非常に役立つことが分かります。
勿論、本格的な相談はハウスメーカーや工務店に問い合わせをして、対面で話をすることが必要です。
場合によっては展示場に足を運ぶことも必要になりますが、少なくとも最初はネットで十分ですし、自分の希望などを整理してから本格的な検討に進むのが良いのではないでしょうか。

ハウスメーカーの注文住宅は安心感が抜群

アパートやマンションに住んでいるご家族の方々は、狭いのでそろそろ一戸建てのマイホームが欲しいなとお考えの方もいると思います。新聞の折込チラシにはよく一戸建ての折込チラシが入ってきます。明るいイメージのハウスメーカーのテレビのCMでもよく見かけます。 やはり、無難に大手企業に注文住宅をお願いするのが一番、安心です。注文住宅を購入するには予算を大まかに検討して、間取りのイメージを立てましょう。大手のハウスメーカーですから社員の方に、無理な注文もなるだけ快諾頂けるし、不安な点の問題に関して余儀なく解消を購入者がして頂けるし、社員さんに全部、お任せすれば、後は家が建つのを待つだけと安心感が抜群です。企業によっては土地探しもしてくれるところもあるので、確認してみましょう。 家族が描いた理想のマイホームが現実に建って、そこに家族で幸せに住めたら言う事はありません。理想じゃなくてマイホームを現実にと検討する時期かもしれないです。

施主の要望にも柔軟な対応を期待できる工務店の注文住宅

注文住宅は、施工会社でできる範囲に違いがあります。 大手のハウスメーカーなら、注文住宅でもできる範囲は限定的です。 ハウスメーカーは家づくりの仕様が固まっており、施主の裁量で決められる部分は一部のみです。 複数の選択肢を用意しその中から選ぶしかできない場合もあり、これでは注文住宅だといえないと思う人もいるでしょう。 選択肢が限られていると楽になるのは確かですが、思い通りの家づくりをしたい人には向いていません。 工務店はハウスメーカーとは異なり、自由度の高さが魅力的です。 複数の選択肢を用意し選ばせるのではなく、施主から希望を聞いてそれに応じた家づくりができます。 多少難しい希望でも柔軟な対応をし実現したり、実現が無理な希望でもそれに代わる提案をしてくれたりと、理想の注文住宅作りをサポートしてくれるのが工務店です。 どちらが良いかは一概には言えないので、家づくりに求めるものを考えながら選択すると良いでしょう。

オリジナリティのある注文住宅なら設計事務所に相談

注文住宅を建てる場合、建築家や設計事務所に相談することが多いです。設計事務所には建築に関する専門知識を持ったスタッフが多く在籍しています。そのため、自分たちの希望を伝えるだけでなく、建築に関するアドバイスや提案をしてもらえることが魅力的です。 相談をする場合は、まずは自分たちがどのような住まいを望んでいるかを話し合います。家族構成や趣味、ライフスタイルなどを考慮した上で間取りや設備、外観などの希望を相談することができます。そして建築家や設計スタッフがその希望をもとに、オリジナリティのある住まいの設計を提案してくれます。 また、相談することで自分たちが思いつかなかったアイデアや、新しい建材・設備の提案なども受けることができます。なので自分たちでは想像もつかなかったような素敵なアイデアが生まれることもあります。 さらに施工までトータルでサポートしてくれる場合もあります。つまり、設計から施工までを一貫して担当してくれるので、建築家と一緒に理想の住まいを実現することができます。 注文住宅は自分たちのライフスタイルや趣味に合わせて、オリジナリティのある住まいを実現することができます。

注文住宅が完成するまでの全体の流れとスケジュール

注文住宅をこれから建設する予定がある人は、完成するまでの全体の流れやスケジュールを知っておいた方がおすすめです。注文住宅を建築するためにまずしなければいけないことは、作りたい住宅を決めることです。どのようなタイプの住宅を建築するかにより、必要となる期間も異なります。建てたい住宅の内容が具体的に決まった後は、建物を建てるための土地を探す必要があります。現在住んでいる住宅を建て替えたい場合には、土地を探す必要はありません。建物を建てる土地が見つかったら、建設を依頼する工務店を探すことが必要です。工務店によって建てられる住宅には違いがあり、木造建築を専門にしている会社もあります。仕事を依頼したい工務店が見つかったら、打ち合わせをしながら建設する住宅の設計をおこないます。事前の打ち合わせには3か月程度の期間がかかります。打ち合わせが終了すれば、工事の施工が開始されます。工事が終了するまでの時間は建設する建物の規模によっても異なり、大規模な住宅の場合には、完成までに6か月程度の期間が必要なこともあります。

過去の実績や施工例を参考に決める注文住宅の施工会社

注文住宅を建てるメリットは自由度の高い設計や、自分や家族の希望を詰め込んで家づくりが出来ることです。建売や分譲住宅との違いはまさにこの自由度の違いで、建売や分譲住宅は既に建物が建っていたり仕様があらかじめ決まっていたりします。注文住宅は土地探しから始めて、外観のデザインや使用する建材や内部の間取りや住宅設備までを希望通りに決めることが出来ます。自由度の高い注文住宅は施工を依頼する、施工会社選びがとても重要です。希望を詰め込みすぎると実際には暮らしにくい家となる場合も多く、希望と暮らしやすさの両立を的確にアドバイスしてくれる所を探したいものです。最近はどの施工会社もWEBサイトを持っているので、過去の実績や施工例などをよく見て会社の強みやどんな家づくりをこれまでしてきたのかを事前にチェックしておくことをおすすめします。アフターサービスの内容なども掲載があれば、確認しておくと長く信頼関係を構築することが出来ます。

専門家のアドバイスを参考に進めたい注文住宅の土地探し

多くの人にとって一戸建ての家を購入するのは一生に一度のケースであることが多いので色々と考える必要がありますが、どこの土地に建てるかと言うのはとても重要なことです。
建売住宅の場合には販売しているものを買うだけなのでこの件で心配することはありませんが、注文住宅を選ぶ時には土地探しは重要なポイントになります。
土地は広さも価格も全く異なるので何を基準にすれば良いのかわからず苦労している人も多いのですが、その場合には専門家のアドバイスを参考にして土地探しを進めることが大切です。
注文住宅の最大のメリットは自分達の好みに合わせて設計することができる点で間取りやデザインなど重要な点を自由に決めることができますし、窓の配置や庭、ウッドデッキのような外構の設計まで行うことができます。
その際にはどこの土地に建物を建てるのか決める必要があるので、敷地の面積や形状、土地に起因する制約などをよくチェックした上で購入するところを決定することが重要です。

意外と時間のかかる注文住宅の住宅ローン

注文住宅を建てる時には多くの方が住宅ローンを利用しますが、実はお金を借りたいと思ってもすぐに借りられるものではありません。
当然のことながら、注文住宅の引渡予定日に滞りなく融資をしてもらい、代金を支払わなくてはならないので、十分に余裕を持って手続きを行う必要があります。
そこで、融資を申し込んでから融資が実行されるまでに、最低でも1ヶ月はかかるのが一般的です。
実際には申込書に記入したり、必要書類を揃えたりする手間がかかる上に、それらが不備なく揃ってからようやく金融機関で審査が始まるので、念のために2ヶ月ほど余裕を見ておくと安心でしょう。
融資の手続きを自分でやることに不安がある場合には、建築会社と提携している金融機関を利用する方法もおすすめです。
提携先の金融機関を利用すれば、間に建築会社の担当者が入ってやり取りを仲介してもらえるので、書類の準備や面談日時の設定といった手間を省くことができます。
更に提携割引として住宅ローンの金利を引き下げてもらえることもあるので、気になる場合は建築会社の担当者に問い合わせてみてください。

注文住宅で利用されるつなぎ融資の仕組み

つなぎ融資とは、注文住宅などの引き渡し前に発生する費用を支払うために一時的に利用する融資のことです。
誤解している人も多いのですが、住宅ローンは住宅を引き渡す際に融資が実行されるため、完成するまでは組むことができません。
つまり、完成前に必要な資金は別に用意する必要があります。
しかしつなぎ融資を利用すれば、自己資金を出さなくても必要な費用を支払うことが可能となります。
返済は、住宅ローンが融資された時に行うのがほとんどです。
メリットとしては、まとまった資金が確保できるので、家族が気に入った物件・好条件の立地・理想の注文住宅などを買い時を逃がさずに購入できる点が挙げられます。
一方、金利が高いというデメリットがあります。
担保は不要の場合が多いのですが、その分金利は2%から4%と高めです。
さらに利息は融資期間に応じた日割りなので、工事が予定より遅れてしまうと返済額も増えてしまいます。
他にも住宅ローンとセットになっており、同じ金融機関からしか借り入れられないという点も理解しておく必要があります。

数回に分けて支払いがある注文住宅の費用

注文住宅は誰もが夢見る住まいと言えます。
それは自分の理想を全て詰め込み、実際に具現化できる住まいであるためです。
しかし土地選びに始まり設計、間取り、外観に至るまで自分の理想通りに作り上げていくのは当然お金がたくさんかかることです。
一般的に費用は建売住宅の1.5倍前後かかるとも言われます。
この支払は、すべて工事が完了してから全額払うものではありません。
最初に注文住宅の手付金として全支払いの二割未満の金額を支払います。
契約で記されている工期の中間時期に中間金として残金を契約書通り払います。
そして工事完了後に最終金を支払うようになってます。
払いうタイミングは三回ほどに分かれているものの、それなりのお金を用意できなければなりません。
当然銀行から融資を受けて住宅ローンにしている人も多いでしょう。
ローンは長期にわたり利息を付けて返済しなければならず、本当にそれが生活を圧迫しないだけの返済額なのか今一度良く検討して、注文住宅を購入するか否かを考えるべきと言えます。

注文住宅の購入で必要になる書類の種類

夢のマイホームで注文住宅を建てる場合、どういった書類が必要なのか?段階によって必要なものも変わってくるために注意です。
まずは土地に関する書類が必要であり、地盤調査があります。
その時に土地の売買契約書を取り交わさなければなりません。
そして土地を購入すると、登記を自分名義に変える必要があります。
建物も別途で準備せねばならず、設計図書と約款と契約書です。
設計図は後に固定資産税で使用するため、大切に保管しておくと良いでしょう。
建物確認申請というものもあるために、申請しなければ違反になってしまいます。
最後に住宅ローンを借りるならば、土地の売買契約書や請負契約書・本人確認と申込書が必須になるのです。
審査のために取得が分かる源泉徴収のコピーを必要ですので、あらかじめ準備しておくようにしておきましょう。
万一紛失していた場合は、会社に言えば再発行が可能です。
注文住宅を購入するには、多くの手続きがありますが、マイホームが待っています。

京都 注文住宅に関する情報サイト
マイホームを建てよう

こちらのサイトは、これからマイホームを建てたい人に向けた必須の基本情報をご紹介しています。
施主だから覚えておくべき重要な項目、これを知らずに家づくりを始めると成功しにくくなるので注意が必要です。
ここでは、注文住宅だから実現する魅力的なメリットや家を建てるときに必要な資金の規模や相場などにも触れています。
特に、資金は多ければ多いほど良いけれども住宅ローンの借り入れなどは年収に左右されるものなので予算を決めることから始めると良いでしょう。

Search